blog-name

Top page  1/190
14
2022

富士芦ノ湖パノラマパーク

CATEGORY神奈川LIFE
台風も無事過ぎ去ったので、今日は強風&雨の箱根に行ってきました。

目的地は富士芦ノ湖パノラマパーク。

80,000平方メートルものだだっ広い芝生の公園です。

公園といっても小さなドッグランがあるだけで、遊具もトイレも食べ物を買うところもないので、わんこを思いっきり走らせたいという人向け。


お盆の渋滞を避けて早朝に出発したので開園の9時過ぎには到着したのですが、強風と雨で視界ゼロ。

とりあえず時間つぶしに芦ノ湖で水遊びを楽しみました。

20220814-1.png

動画はインスタにアップ↓



やっぱり水が大好きなガク。

結局、この水遊びが本日一番の盛り上がりポイントになりました。


すでに大満足のガクでしたが、せっかくなのでパノラマパークにも行ってみた。

案の定、霧で視界ゼロ。

眼下には芦ノ湖の大パノラマが広がっているはずなのですが・・・

20220814-2.png

旧テディベアミュージアムは現在は入れません。霧でちょっと幻想的な雰囲気に?↓

20220814-3.png

ドッグラン以外の場所ではリード着用ですが、他にほとんどわんこがいないのでロングリードで思いっきり走ることができました。

ドッグラン自体は大型犬にはちょっと物足りない大きさ↓

20220814-4.png

入場料はおとな500円、わんこ300円なので、この内容でこの料金はちょっと高いと感じる人もいるようですが、この入場券を持っていると箱根園の駐車場が無料になるので、箱根園も楽しみたいならアリでしょう。

但し、大型犬連れの場合、水族館などの入場にはカートが必要です。

カートの貸し出しはないそうなので、水族館なども楽しみたい場合はカートの持参が必要です。

園内の散歩は大型犬も問題なく、カレー&ラーメン屋さんなどのテラスでわんこと一緒に食事もできるそうです。


自然以外何もない富士芦ノ湖パノラマパークですが、自然大好きなガク家にはお気に入りの場所になりました。


14
2022

昇仙峡を大型犬と歩いて登ってみた

CATEGORY山梨LIFE
昨日は昇仙峡に行ってきました。

前回は遊歩道を歩いたので今回は弥三郎岳まで!

昇仙峡ロープウェイは全長1015m、高低差300m、片道5分で抱っこすればわんこも乗車可能なのですが、35kgのガクを抱っこして乗るのは無理がある。

ということで、ロープウェイ仙娥滝駅の側にある登山道入り口から出発です。

20220314-1.png

登山道はわかりやすいので迷う心配はないのですが、結構荒れた雰囲気。

雑に作られた丸太橋や↓

20220314-2.png

朽ち果てた木道など危険な場所もあるので、わんこが落ちないように気を付けましょう。

20220314-3.png

危ない箇所にはロープが張ってあるので歩くのには問題ありませんが、万が一踏み抜いたらた~いへん!

20220314-4.png

倒木が道を塞いでいる箇所もいくつかあるので跨いだりくぐったりと結構アスレチック。

苔だらけで趣きのある石垣もあります。

20220314-5.png

かわいいけど体重をのせて大丈夫かちょっと不安な橋↓

20220314-6.png

途中、休憩するような場所はないのでひたすら上を目指して歩くのみ!

さすがのガクも途中で道を塞いで休憩を要求(笑)

20220314-7.png

そんなこんなで30分くらいでパノラマ台駅到着。

福を呼ぶ鐘があったりとパワースポット的なものが点在していて昭和感満載。

20220314-9.png

とにかく突っ込みどころ満載です。

20220314-8.png

花粉で霞んで富士山は見えませんでしたが、富士山はうちからでも見えるのでまぁいっか。

20220314-11.png

パノラマ台駅からさらに数分歩くと、

『美しい自然を守ろう』という人工物が異彩を放つ大自然の中の展望台↓

20220314-13.png

さらに数分歩くと弥三郎岳の山頂です。

ガクも山頂直下まで行きましたが最後の鎖場は危険なので手前で終了。

20220314-12.png

また麦坂道で下山しました。

20220314-10.png

ガク家は岩登りでよく山を歩いているのでふらっと散歩程度で山頂まで歩きましたが、そこそこ傾斜のある山ですので大型犬を連れて山頂まで歩こうという方はそれなりに気合いを入れて準備した方がよいかもです。

ちなみに山頂では観光客のみなさんに下から歩いてきたことを驚かれ、「すごいね~」「がんばったね~」「えらいね~」といっぱい褒められたガク。

20220314-14.png

久々に登る犬を満喫できた1日でした。