blog-name

Top page  1/61
20
2018

夏だ!川で遊ぼう!!

1週間前にも再び雪が降ったニュージーランドですが、やっと暖かい気候になりました!

私達が住んでいるクイーンズタウンはニュージーランドの中でも南に位置するのでまだ朝晩は肌寒く、日中も20℃を超える程度で季節的にはまだ春なのですが、みんなすっかり夏モード。

3連休の今週末はあちこちでビール片手に屋外でBBQを楽しむ姿が見られます。


ガクにとっても川遊びが気持ちいい季節。

gaku (171-1)

gaku (171-2)

gaku (171-3)

gaku (171-4)


今年の夏も思いっきり楽しもう♪


---------------------------------------
登る犬の生活はランキングに参加しています。
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村




スポンサーリンク

Tag: ニュージーランド ゴールデンレトリバー

16
2018

ニュージーランドのペット保険

CATEGORYNZの犬事情
今年度のアンケート結果によると、ニュージーランドでペットを飼っている人のうち68%がペット保険に加入しているそうです。

今までペット保険に加入していなかった我が家ですが、愛犬を亡くした友人からの勧めで保険に加入しました。

ニュージーランドにはいくつかのペット保険がありますが、我が家が加入したのは大手保険会社であるサザンクロス。

私達夫婦もこの会社の健康保険に加入しているのでペット保険の追加に割引が適用されることと、大手なので安心という点で決めました。

サザンクロスのペット保険にはPetCare(事故と病気の両方をカバーするタイプ)とAcciPet(事故のみカバーするタイプ)があり、PetCareにはさらに補償限度額が$15000、$10000、$5000、$2500という4つのタイプがあります。(2018年10月現在)

他の保険会社のプランとも比べてみると、大体$5000~$7000くらいのプランが基本となるようです。

いざという時、お金のことを考えずに愛犬に十分な治療を受けさせてあげる為にも、十分備えておきたいものですね。

southerncross.jpg

サザンクロス・ペット保険: Southern Cross Pet Insurance



余談ですが、ペット保険のついでに人間の保険の話も。

『ニュージーランドは医療費が無料!』と聞いたことがあるかもしれません。

確かに公立病院での受診、手術、入院はほぼ無料です。

しかし、緊急性がない限りは公立病院で診てもらえるまでに相当時間が掛かります。

なので手術などは私立病院でお願いする人が多いのですが、その場合費用は全て自己負担になります。

私の同僚も病気が見つかり手術が必要と診断されたのですが、公立病院で予約をすると手術はなんと数年先。。。

それまで体がもつとは到底思えず、保険にも入っていなかったため私立病院にも通えず、辛い体で自国のブラジルに帰っていきました。

医療費が無料のニュージーランドには日本のような国民健康保険制度はありませんが、ほとんどの人が保険会社の医療保険に加入するという矛盾があるのです。

ちなみに事故の治療は全て無料です。(一部自己負担あり)

車の事故でケガをしても、スポーツ中にケガをしても、家の中で滑って転んでケガをしても治療費は基本的にどこの病院でも無料。

病気はお金が掛かるがケガはお金が掛からない。。。

社会保障が充実しているのかいないのか、なんとも言えないニュージーランドなのでした。


gaku (170-1)


---------------------------------------
登る犬の生活はランキングに参加しています。
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング


スポンサーリンク

Tag:ニュージーランド

14
2018

悲しい出来事

先日、とても悲しい出来事がありました。

このブログに登場したこともあるラブラドールの女の子が骨の癌に侵され、飼い主である友人は安楽死という選択を決断しました。

手術をして足を切断したとしても3~5カ月程度しか生きられず、術後の痛みに苦しみながら最期を迎えさせるよりはという苦渋の決断でした。

まだ2歳にも満たない愛犬の死を受け入れなければならない家族のことを思うと心が痛みます。

友人家族による愛犬のケアは長期間におよび、想像以上に大変なものでした。

ベッドではなかなか排泄できない愛犬を抱きかかえて毎日何度もトイレに連れて行いき、骨に良いという食材で手作りの餌を作り、いろいろな薬や治療法も試しました。

今までに掛かった検査、治療、手術費だけでも1万ドルを軽く超えるそうです。

愛犬の為にできることは何でもやってきた彼らの姿を見てきたので、今はただ『よくがんばったね。』と言ってあげることしかできません。


ラブラドールやゴールデンなどのレトリバーの平均寿命は12~13歳と言われていますが、それより長生きするわんちゃんもいれば短い犬生を送るわんちゃんもいます。

一緒にいられる時間の長さなんて誰にもわからないのです。

うちのガクは病気をしたこともなくとても健康なので、漠然と『ガクとはあと10年以上一緒にいられる』と思っていましたが、ガクに幸せな犬生を送ってもらえるよう1日1日を大切に、共に楽しく過ごしていきたいと思います。


gaku (169-1)


---------------------------------------
登る犬の生活はランキングに参加しています。
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村




スポンサーリンク

Tag: ゴールデンレトリバー ニュージーランド