blog-name

Top page  1/42
20
2018

去勢手術から10日・・・晴れて自由の身に!

去勢手術から10日が経ち、昨日は病院で術後の最終チェックでした。

糸は綺麗に溶けてなくなったので抜糸の必要もなく、順調な回復と太鼓判を押され、ガクは晴れて自由の身に。

よかった~。


gau (121-5)


噂には聞いていましたが、手術からの10日間は本当に大変でしたね。

この10日間は走るの禁止、ジャンプ禁止、泳ぐの禁止というガクにとってはつらい日々。

庭に出すと思いきり走り回ってしまうので、大好きな庭に出ることもできず、運動はリードを付けてのゆっくり散歩のみ。


昨日からは走るのも解禁↓

gau (121-3)


エリザベスカラーを付けないと患部を舐めてしまうので留守中や就寝中はカラーを装着。

しかし、カラーをずっと付けているとカラー内は湿った状態が続くので皮膚に悪そうだと思い目が届く時はカラーを外してあげるのですが、患部を舐めないようにずっと監視しなければなりません。

自由に動けないストレスからか吠えと噛みが酷く、私達も傷だらけに・・・。


でも、手術後に元気がなくなってしまうワンちゃんが多い中、ガクは食欲旺盛で元気いっぱいだったので、これでもお世話は楽な方だったのだと思います。いっぱい食べ、いっぱい水を飲み、いっぱいおしっこをしたので回復も早かったようです。


唯一心配だったのが手術から4日後くらいにタマタマ袋が肥大化し赤紫色に変色したこと。

それまでは黒っぽかった袋が見るからに痛々しい内出血色に変わっていました。

切開部分の出血が袋内に溜まったようで術後はよくある症状だとのことですが、見た目のグロさにちょっと焦りました。

でも、その時をピークにどんどん袋は小さくなっていき、現在は睾丸を取る前の半分くらいの大きさにまで萎み、色も戻っています。

この先、さらに縮み、ほとんどなくなるそうです。


手術直後は切開部分がはっきり↓

gau (121-2)


現在は切開部分も塞がり、タマタマも小さく↓

gau (121-1)


辛かった10日間が過ぎ、やっと走るのが解禁になって大好きなお庭にも出れるようになったのに、今日はあいにくの嵐。。。


gau (121-4)


ストレスが溜まる日々はまだ続くのでした・・・。


---------------------------------------
登る犬の生活はランキングに参加しています。
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーリンク

Tag:ニュージーランド ゴールデンレトリバー

17
2018

ニュージーランドの冬は日が短い

CATEGORYNZの犬事情
南半球にあるニュージーランドは日本と季節が逆なので、もうすぐ冬がやって来ます。

夏は日が長く夜10時近くまで明るいニュージーランドですが、冬は日が短く日没時間は夕方5時頃。

仕事が終わって散歩に出ると外はもう真っ暗・・・。

田舎なので電灯も少なく、ヘッドライトを頼りに散歩しています。

gaku (120-1)


ちなみに私が住んでいるクイーンズタウンはニュージーランドの中でも高緯度(南極に近い方)にあるので、他の都市よりも夏は日が長く冬は日が短いのです。

夏はオークランドとクイーンズタウンでは50分近くも日の入り時間が異なります。

例えば、2018年1月1日のオークランドの日没時間は20時45分でしたが、クイーンズタウンは21時35分です。

逆に冬はオークランドは早く日が昇りますが、クイーンズタウンは50分程遅くなります。

2018年7月1日のオークランドの日出時間は7時35分ですが、クイーンズタウンは8時25分だそうです。

日本の約4分の3の面積しかないニュージーランドですが、北にある都市(オークランドなど)と南にある都市(クイーンズタウンなど)ではずいぶんと違うんですよね。

gaku (120-2)


寒くて真っ暗な中での散歩は大変ですが、ガクの為にがんばります!


---------------------------------------
登る犬の生活はランキングに参加しています。
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Tag:ニュージーランド ゴールデンレトリバー

14
2018

鹿の角

先日、骨ガムに替わる噛み噛み系おやつ(おもちゃ)を探しているという記事を書いたところ、鹿の角が良いとの情報を頂きました。

そこで早速購入してみたところ大正解!

gaku (119-3)


噛むのが大好きなガクはどれだけ硬い流木を与えてもあっという間に噛み砕き、大型犬専用の丈夫なおもちゃを与えても一瞬でボロボロにしてしまうのですが、さすがに鹿の角は硬いようでしばらく噛んでもなかなか減りません。

gaku (119-1)

エリザベスカラーをしている時は上手く噛めないようでちょっとイライラしている様子。

さすがに可哀そうなので、噛み噛みタイムだけはカラーを外し、目を離さないようにしています。

gaku (119-2)


運動できないストレスもこれで少しは解消できたかな?


鹿の角はデンタルケアにも良いそうですね。歯磨き嫌いなガクにはピッタリ。

歯の破折や誤飲に注意とのことですので、気を付けましょう。


---------------------------------------
登る犬の生活はランキングに参加しています。
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Tag:ニュージーランド ゴールデンレトリバー